【韓国】元Jリーガー、朴光一(パク・カンイル)がマレーシアのクラブと契約。

TSU89_issenn_TP_V.jpg


9日、マレーシアスーパーリーグ、PKNS(Perbadanan Kemajuan NegeriSelangor Football Club)は、愛媛や、松本山雅で活躍した、元韓国U-21代表ミッドフィールダー、朴光一(パク・カンイル)を移籍金のかからない、フリートランスでの完全移籍で獲得したことを発表した。


2013年に、大学時代や、U-21韓国代表での活躍が目にとまり、日本の松本山雅へ入団した同選手は、同年と2015年、2016年にJリーグのクラブに在籍し活躍。


2014年にはインドのクラブでもプレーしていたが、2016年に、Jリーグに復帰していたがm年末に愛媛FCを退団。J2では、通算32試合に出場した。



その後は、どのクラブにも所属することなく、月日が流れていたが、今月9日、外国人枠の空きがあり、中盤の選手を探していた、同クラブとの正式契約に至った。同選手は、複数のポジションをこなせ、主に左サイドハーフとサイドバックでプレーする。



    朴光一(パク・カンイル)
    Park Kwang-il

 生年月日:1991-2-10
   身長:173cm
  出生地:全羅南道
ポジション:フルバック(両サイドバック)/左サイドハーフ
保有する国籍:韓国





スポンサーリンク