【U18リスボン国際トーナメント】U-18日本、欧州最強ポルトガルに完敗....内容でも大きな課題残す。《試合詳細》


Torneio Internacional de Lisboa
(リスボン国際トーナメント)




2017.6.16



   U-18ポルトガル weqf (2).gif-1 1 (6).pngU-18日本
    58、77ヌーノ サントス        37杉浦 文哉
    92ミカエル アルメイダ






          【スターティングメンバー】




ジョアン ヴィルギーニア               猿田 遥己
   |                         |
ロマン コレイア                   西 洸瑠
ルイス シルヴァ                   谷口 栄斗
アフォンソ ブリート                 早坂 翼
ジョアン オリヴェイラ                松田 陸
   |                         |
フィリペ スアレス                  佐々木 大樹 
ミゲル レイジーニョ                 田中 雄大
ジョアン フェーリックス               川村 拓夢
フランシスコ モウラ                 杉浦 文哉
   |                         |
ペドロ メンデス                   平墳 迅
エルヴェス バルデ                  奥抜 侃志





会場:Municipal Sports Park

試合内容:日本は、U-18世代ながら海外組4人を擁する強豪ポルトガルと対戦。
ポルトガルは2016 U-17欧州選手権のチャンピオン


ポルトガルに押されながらも、機を見ては、日本も良い攻撃の形を作る展開...
37分杉浦 文哉が先制点を挙げる。


しかし後半、ポルトガルは、選手を多く替え(出てきた選手は、1戦目のノル
ウェー戦に出ていた、いわば主力の選手)日本の流れを完全に遮断。

58分、77分にヌーノサントスに決められ、後半ロスタイム2分にも、フランス、
オランピック・リヨネ所属のアルメイダに決められ、大敗した。

日本は、前後半合わせて、ある程度、攻撃の形は作ったが、先制点を決めた
前半も含め、試合自体はポルトガルが支配し、ピンチも多く招いた。


ポルトガルは二連勝、日本は1勝1敗となった。



スポンサーリンク