【ウズベキスタン】元U-23代表DFフォミンがプルリスFAと契約..昨季はオマーンでプレー。

TSU89_issenn_TP_V.jpg



11日、マレーシアプレミアリーグ(マレーシアサッカーリーグ2部相当)
プルリスFAは、オマーンプロフェッショナルリーグ、サハム クラブ
に所属する、元ウズベキスタンU-23代表ディフェンダー、マクシミリアン
・フォミン
を獲得したことを発表した。



名門パフタコールユース出身で、2004年にトップチームに昇格。


その後は、同リーグのネフチ・フェルガナや、ブハラ等でもプレー。



また、フィジカルコンタクトに優れるフォミンは、昨年行われたリオ
デジャネイロ五輪予選のウズベキスタン代表の中心選手でもあったが、
今年の1月に、自身初となる海外移籍で、オマーンのサハムと契約。



しかし、チームの中心として、活躍するまでには至らず、今月11日、
今度は、東南アジア、マレーシアのクラブとの契約に至った。


A代表歴はないが、同国のユース代表歴は豊富で、最終ラインなら
どこでもプレーでき、各世代で主力として活躍してきた。




   マクシミリン・"マックス"・フォミン
    Maksimilian "Max" Fomin


  生年月日:1993-9-21
    身長:184cm
 ポジション:サイドバック/センターバック/ディフェンシブミッドフィールダー
保有する国籍:ロシア/ウズベキスタン





スポンサーリンク