【バーレーン】ムハッラーク、元U-21チュニジア代表MF獲得を発表!

26日、VIVAバーレーンプレミアリーグ、アル・ムハッラークは、チュニジア・リーグ・プロフェッショナル2、CSハンマーム=リーフ所属のチュニジア人ジエド・ジアディを獲得したことを発表した。 U-21チュニジア代表歴のある同選手は、名門クラブアフリカ等、国内リーグでプレーしてきたため、今回が初の海外移籍となる。 プロフィール Profile ジエド・ジア…

続きを読む

【U-22バーレーン代表】U-23選手権2018予選メンバー発表。

U-23選手権2018予選に参加するU-22バーレーン代表メンバー23人。 背番号  名前            生年  身長    所属クラブ GK         1ラシード アル・ドゥーサリー    1996      イースト・リッファ Rashed maktoob al doseri 21ユースフ ハビーブ        1998  1…

続きを読む

【バーレーン代表】新たなスター誕生なるか...アジアカップ2019予選メンバー発表

13日、BFA発表のアジアカップ2019予選、シンガポール戦(3.28)メンバー。 バーレーン代表は、ワールドカップ2次予選で敗退したため、アジアカップ予選に回ることとなったが、ワールドカップ2次予選とは、大幅にメンバーが入れ替わり、若返っている。 反面、経験には乏しく、フィールドプレーヤーはFWイスマイル・アブドゥラティフ…

続きを読む

No-image

アーイシュ、ウンム・サラールへ移籍

3日、カタールスターズリーグ、ウンム・サラールは、同リーグ所属で バーレーン代表MFのファウズィー・アーイシュを獲得したことを発表した。 モロッコ生まれのバーレーン代表アーイシュは、2013年から、同クラブでプレー。 攻撃的MFとして、毎年二桁得点をマークし、ここまで34得点をマークしてきたが、 今シーズンのリーグ優勝、さらには来季のACL出場を目指す、ウンムサラール…

続きを読む

No-image

マナマ、元ボスニア代表MF獲得を発表

VIVAバーレーンリーグ(バーレーンリーグ)アル・アハリ・マナマは31日、 FavBetドルーガ・リーガ(クロアチア2部)HNKシベニク所属で元ボスニア ヘルツェゴヴィナ代表のDFマフメド・アリスパヒッチを獲得したことを発 表した。 アリスパヒッチは、ボスニアヘルツェゴヴィナ生まれだが、キャリアの 殆どは、クロアチアでプレー。 2010年には、ボスニアヘルツェゴヴィナ代表…

続きを読む

No-image

アル・マナマ、クラブ&リーグ史上初の韓国人プレーヤーの獲得を発表

23日、バーレーンプレミアリーグ、アル・マナマ(マナマクラブ)は 昨年末に韓国Kリーグクラシック慶南FCとの契約が切れ、フリーになってい た韓国人ディフェンダー李 源在(イ・ウォンジェ)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金や年俸などの詳細は不明。 李 源在は、高校卒業後、Kリーグクラシック浦項スティーラースに入団。 しかし、出番は多くなく、主にRリーグ(…

続きを読む

No-image

2016/17VIVAバーレーンリーグ所属クラブ一覧

クラブ                本拠地 アル・ヒッド             ヒッド Al-Hidd Sports and Cultural Club アル・ムハッラーク          ムハッラーク Al-Muharraq Sports Club アル・マリキヤ            マリキヤ Malkiya Sports and Cultural Club …

続きを読む

バーレーン代表メンバー発表(2016.9.2発表)

9.2BFA発表の、親善試合ヨルダン戦(9.4)に臨むメンバー26人。 尚、この試合から監督がバティスタ監督からソウクプ監督に変わっている。 名前               生年  身長 所属クラブ GK サイード・M.ジャーファル    1985 179 アル・ムハッラーク Sayed Mohammed Jaffer ハマド・ムハンマド・ア…

続きを読む

No-image

2015/16VIVAバーレーンリーグ全日程終了

<全30節> 順位   クラブ           勝ち点 1アル・ヒッド            42 ACL2017予選1回戦から Al-Hidd Sports and Cultural Club 2アル・ムハッラーク         32AFC杯2017プレーオフから Al-Muharraq Sports Club 3アル・マリキヤ        …

続きを読む

No-image

日本でもお馴染のサルミーンが引退

かつてW杯予選やアジアカップでも日本とも死闘を繰り広げた元バーレーン 代表のムハンマド・サルミーンが、現地25日、所属するムハッラークのAFC杯 2016の準々決勝進出を置き土産に引退を発表した。 元バーレーン代表でもあった父を持つサルミーンは、若くして才能を開花。 2000年に弱冠19歳でフル代表デビューを果たし、以降、バーレーン不動の司 令塔として、長身なが…

続きを読む